省エネ支援サイト「探す!太陽光発電」

「探す!太陽光発電」へご訪問いただきまして誠にありがとうございます。
当サイトでは今世界的に注目されている太陽光発電情報をお届けしています。

 

これから近い将来、全国規模で太陽光発電が当たり前のものとなり、自家発電による電力供給がメインとなってくるでしょう。
太陽光発電から送られる発電量は確かに少ないですが、それでもある程度の電化製品の利用は十分に可能です。世間的に太陽光発電が普及してきており、その需要数に目を付けた悪質な販売業者も出てきています。
相場価格よりも高価で売り付けたり、アフターケアがされないなどが報告されていますのでご注意ください。

 

どんな業界にも世間的な需要が出てくるとそれを利用した悪質業者が現れてくるものです。
太陽光発電も例外ではなく、法外な手数料を取ったり、またアフターケアの適用外などの業者もあるので十分にご注意ください。






傘立ての紹介
URL:http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/
傘立ての情報



探す!太陽光発電ブログ:2022-1-25
おいらのムスメは、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、ムスメは「やめたい」と言い出しました。

おいらはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった夫に経緯を聞いてみると、
ムスメの出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
ムスメの気持ちを思うと、
父母としてなんと言って励ましていいのか…

「母と一緒に練習しよう…」と
ムスメに話しかける他ありませんでした。

その時のおいらはまだ、
どうしてムスメが泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
ムスメもそれなりのプレーをしました。

それなのに、
ムスメはまた「やめたい…」と言い出したのです。

おいらは、ムスメが今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

ムスメの心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかりムスメの自信を奪い、心とからだが頑なになり、
動けなくなっていたんです。

おいらはムスメの練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
とムスメの心のネジを巻きました。


探す!太陽光発電 モバイルはこちら