【お役立ち情報】悩めるニキビを治すなら皮膚科や美容クリニック

多くの人が美容整形というイメージから、何となく避けてしまっていますが、決して避ける必要はありません。
美しさというのは簡単には実現することが出来ないものなのですで、美容整形で自分の夢を叶えてみませんか? 万が一自己流のニキビのお手入れによってニキビが悪化してしまった場合には治療が困難になってしまう可能性があります。
自己流のケア方法が間違っているとニキビを増やしてしまったり、ニキビ跡を作ってしまうことにもなりますのでご注意ください。

 

ニキビの状況を診断し、皮膚科ではその症状に合わせた治療法が提供されています。
抗生物質を使用した治療法もあり、化膿ニキビなどに効果的となっているのが時に使用されます。症状や進行の程度の相違点から、ニキビは人によっては悩みの程度も大きく異なってきます。
大きな悩みになってしまうニキビがコンプレックスと感じる人は的確な治療を受けるようにすることが大切で、クリニックのご利用をオススメします。



【お役立ち情報】悩めるニキビを治すなら皮膚科や美容クリニックブログ:220514

こんにちわですー

皆さんは
「脂肪=身体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
わたしたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも身体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に身体にたまりすぎると肥満になりますが、
尻やももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
お腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
毎日のご飯と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

お腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
ご飯内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。