これからは蓄電池を利用して節電対策

「有名メーカーが生産をしている太陽光発電だからコレにしよう!」というシステムの選び方は避けた方が良いでしょう。
確かに信頼出来るメーカーを選びたくなりますが、まず大切なのは予算や発電量、さらにメンテナンス費用の比較なのです。 オール電化住宅が注目されてきている現代、出来る限り再生可能エネルギーを利用する方向で普及し、太陽光発電の普及が広がっています。
半永久的に生み出される太陽の力を利用することで、ご家庭でも効率的に電気を作ることが出来るのです。
「せっかく太陽光発電を設置したら蓄電池も搭載したい」と誰もが思うことでしょう。
蓄電池さえ取り付けておくことで、夜間や悪天候の時など太陽が出ていなくても電気を使うことが出来るのです。

 

太陽光発電で作られた電気を夜間でも利用出来るように蓄電も可能なシステムがありますが、便利だけではなくお得もあります。
家庭で使わなかった電気は、電力会社に売ることが出来ますので、上手に節電をすることで家計に大変優しいのです。



これからは蓄電池を利用して節電対策ブログ:22/5/21

体質に脂肪を溜めない食べる事とは、
「栄養バランスがいい食べる事」をとることです。
栄養バランスの悪い食べる事では、
体質に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいい食べる事」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はライス・パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

体質に溜まった脂肪を効率的に燃やす食べる事にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよい食べる事とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

毎日全てを揃えなくても、
今日の夕食が肉料理だったら、
1日後の夕食は魚料理にする…とか
お昼は味噌ラーメンだけだったから、
17時は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

食べる事をどのように食べるかも大切ですよ。
食べる事時間が不規則だったり、食べる事を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、体質が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
体質になっていくのです。

体質に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
1日3食は必ず守りたい基本と言えますね。